訪問入浴とは事業所が提供しているサービスの1つであり、介護が必要な人が建物や浴室の構造上により入浴することが難しく、補助が必要な場合により利用することができます。利用者の体を持ち上げたり支えたりするのは主に介護スタッフの仕事になりますが、その時に体調の変化がないかと見守り怪我または点滴などをしている場合には水が入らないように保護するのが看護師の仕事なので、安全に入浴することができるように看護師の他に介護スタッフが付いて訪問することになります。

看護師としての役割は入浴時の見守りの他にも、入浴前後のバイタルチェックや全身チェック、入浴中に体調が急変した場合には適切な処置をすることがあります。

訪問入浴のお仕事をする場合には、看護よりも介護の役割が重要視されますので、看護師として長く働いていた人ほど仕事内容や自分の役割に戸惑うことがありますが、逆に介護を経験した看護師でしたらわりと早く仕事の雰囲気に溶け込むことができます。

ただ介護スタッフとチームを組みますので作業がスムーズに進むことができるように、フットワークの軽さと病院やクリニックで働いていたスキルが通じないことがありますので、臨機応変に対応することができる柔軟性が求められますね。